エロチャットで何ができるの?   >   エロチャットでよく聞く言葉

エロチャットでよく聞く言葉

悩む男性

エロチャットでよく聞く単語みたいのがわりますよね。ノンアダルトやアダルトなんかはよく聞きます。

ノンアダルトやアダルトは言葉通りの意味で、ノンアダルトの場合はエロは禁止です。アダルトは女の子と一緒にエロ話や下ネタ、女の子と一緒にオナニーをすることもできます。

その他にもエロチャット専用の基本的な言葉があるので紹介していきます。

【チャットレディ】は基本的にチャットで働いている女の子ことです。短くチャットレなんて言う人もいます。

【パフォーマー】はチャットレディとほとんど同じ意味ですが、パーティーチャットでオナニーを見せたり衣類を脱いでエロいところを見せつける女の子のことです。

【2ショット】はあなたと女の子が1対1でチャットをすることです。他の男性ユーザーはあなたのチャットに参加するはもちろん、見ることもできません。

【パーティーチャット】は女の子1人をあなた以外の男性もみているということです。つまり女の子1人に対して男性多数ということです。基本的にアダルトの方で使うことが多いです。女の子がたくさんの男性に見られているなかエロいことを始めていきます。

【ログ】はチャットでやりとりした履歴のことです。【ロム】はパーティーチャットなどで女の子を見ているだけ。つまりあなたからは何も発することはありません。見ている専門ということです。

【のぞき】はほとんど【ロム】と同じ意味ですが、あなたに発言権がないというぐらいが「ロム」との違いです。

【HN】はあなたのニックネームやハンドルネームです。

【双方向】これはあなたとチャットレディのチャットのことで、あなたのパソコンにもマイクとカメラが必要です。

この他にもたくさんの専門的言葉はありますが、これは基本的な言葉なのでエロチャットを始めようとしている男性は覚えておきましょう。